フードバンク事業を運営する為に必要な、5つの業務を支援。

1 入庫処理

食品・在庫情報登録

食品(寄贈品)・在庫情報を登録

支援者から寄付された食品(寄贈品)の「日付」「提供元」「食品部類」「食品数量」「賞味期限」といった、情報を登録・管理する事が出来ます。

バーコードリーダーを利用した入庫作業

入庫作業では、寄贈品の受け入れ時に、JANコードを読み取り、受け入れ個数等を登録いたします。その際、支援者情報も合わせて登録することによって、「いつ、誰から、何を、いくつ」頂いたか登録する事が出来ます。※1

バーコードリーダー利用した入庫作業は、JANコードから商品情報を呼び出す事も出来ますが、JANコードが無い食品(農家様から直送の野菜等)でも、入庫処理を行う事が可能です。

※事前に商品情報や支援者等のマスター情報を登録する必要があります。(5 活動実績管理にてご紹介)

管理バーコードラベル出力

入庫した食品は、出庫作業で利用する為の、管理用バーコードが印字されたラベルが出力されます。

また、賞味期限や入庫個数等も印字される為、商品の目立つ場所に貼れば、商品毎に賞味期限を見つける作業を省略出来ます。

2 在庫管理

分類別・寄贈品別在庫数表示

支援者から寄付された食品の在庫を「米」「主食」「乾めん」といった食品分類ごとの表示、寄贈品別の在庫数表示も可能です。総内容量も把握でき、今何の商品の在庫がどれぐらいあるか一目で把握できます。

また、賞味期限(期限切れ、14日、30日、60日)ごとに表示されますので、支援食品の優先順位を決める際にも役立ちます。

3 出庫処理

支援周期ごとに出庫処理

支援周期ごとに出庫処理

1回限りの支援から定期的な支援まで行う事ができ、「いつ」「誰に」「何を」「いくつ」渡したのか、登録することが出来ます。作業状況がステータス化されているため、受贈者に対して、寄付品をピッキングしていないのか、引渡し済なのか、作業状況を一目瞭然に把握する事が出来ます。

なお、商品のピッキング時に管理バーコードラベルをスキャンすることで、在庫数が自動で連動しますので、在庫数を確認する手間がありません。

定期的な支援の場合、指定した周期になると、寄付品を引渡し済のステータスから、自動的に引渡し待ちステータスへ戻る為、繰り返し行われる支援も安心です。

これらの作業は、1 入庫処理で印字したラベルを利用する事により、 入力作業の負担を軽減します。

支援周期ごとに出庫処理

4 個人情報管理

個人情報管理

フードバンク業務に関わる情報管理

以下の情報を管理します。

  • 受贈者管理
  • 支援者管理
  • 支援依頼元管理
  • スタッフ管理
  • 倉庫管理
  • 寄贈品管理
  • 画像管理

受贈者管理

「受贈者氏名」「支援周期」「アレルギー」「自炊可否」「ライフライン」等を管理します。アレルギーがある方には、アレルギーにならない食品の提供、自炊が不可の方には加工食品を提供します。

支援者管理

「氏名」「依頼元区分(法人・個人)」「担当者名」等を管理します。

支援依頼元管理

「氏名」「依頼元区分(法人・個人)」「担当者名」等を管理します。

スタッフ管理

「氏名」「スタッフ区分(スタッフ、ドライバー、自治体等管理者)」「アカウント」等を管理します。

スタッフ管理

倉庫管理

「倉庫名」「住所」「電話番号」「FAX番号」「住所」等を管理します。倉庫ごとの在庫数量も確認できます。

寄贈品管理

「内容量」「寄贈品名」「保存方法」「食品分類」「商品画像」「アレルゲン」といった情報を管理します。

寄贈品管理

5 活動実績管理

帳票(実績データ)出力

支援者から寄付された食品数量、寄付された食品をいつ誰に引き渡したかの、帳票(実績データ)が出力できます。この帳票を提出することで、法人が食品を寄付した際の、損金算入を「全額損金」に算入できます。

帳票出力は、フードバンク業務管理システムを使う方だけでなく、食品を寄付した企業も利用可能です。

受領書(サンプル)