フードバンク業務管理システムとは

フードバンク支援団体の業務に特化した「クラウド型フードバンク事業専用システム」です。

地元団体の連携とご協力をもとに開発された、現場が必要とする機能を工夫を凝らして搭載しフードバンク活動に関係する全ての方々の煩雑な作業工程を効率化します。

トレーサビリティに対応した「フードバンク業務管理システム」の導入により、持続可能なフードバンク活動を安心・安全に、推進していくことが可能になります。

「フードバンク業務管理システム」は寄付をした企業に食品使用の詳細情報を提供できるため、寄付企業は税制優遇が受けやすくなり、フードバンクへの商品提供の推進に繋がります。

「フードバンク」とは
品質に問題がないにもかかわらず、市場で流通できなくなった食品を企業や個人から寄付を受け、生活困窮者や福祉施設へ無償で配給する活動および、その活動を行う団体のことです。

「トレーサビリティ」とは
対象となる食品の情報(原材料情報、生産情報、流通経路、廃棄など)を追跡できるしくみのことです。

フードバンク事業専用「業務管理システム」

フードバンク業務管理システムの3つの特徴

食品・在庫情報登録

フードバンク事業に特化した
食品在庫管理機能

食品の基本情報に加え、アレルゲンや賞味期限なども管理できます。また、団体ごとの独自分類が設定でき、多様な管理に対応しています。

入庫・在庫管理機能

帳票(実績データ)出力

提出頻度が高い
実績データを簡単出力

フードバンク活動に必須となる、寄贈元となる食品関連事業者への「受領書」や行政に求められる「活動実績データ」を、数ステップで簡単に出力できます。

活動実績管理機能

支援周期ごとに出庫処理

トレーサビリティに
対応

食品の支援元や提供先を追跡できます。 また、利用者の支援周期、アレルギー、調理器具なども登録できるため、利用者情報に基づいた支援をきめ細かくサポートします。

出庫処理機能

主な機能

在庫管理在庫数の他、総量(kg)での表示や賞味期限が近い物を一覧表示することができます。
寄付品に関するデータも「バーコードが無い、生鮮野菜」をはじめとした、フードバンクならではの項目を管理することができます。
入庫 / 出庫処理寄付品の入庫/出庫を記録することができます。
入庫処理では、専用のラベルシールを利用する事により、食品の数量・賞味期限・だれからいただいた寄付品なのか登録することができます。
出庫処理では、作業状況がステータス化されている為、作業状況を一目瞭然に把握できます。
利用者・支援者・スタッフの
マスター管理
フードバンク業務に関わる情報管理ができます。
利用者情報には「支援周期」「アレルギー」「ライフライン」なども登録でき、出庫機能と連動することで利用者に合った支援準備が可能です。
活動実績管理および出力活動実績を出力することができます。
トレーサビリティ機能を備えているので、寄贈元となる食品関連事業者への「受領書」の出力や、支援を依頼してきた行政へ向けた寄付品の入出庫量や寄付実績などが出力できます。

機能一覧

料金

月額 30,000 円~

ただし、最初の1年間については 10,000 円とさせていただきます。

 ※別途、初回セットアップ費用 30,000円がかかります。

※表示価格は全て税別です。

料金をくわしく見る